火災保険の見積もりでコストを抑えるコツ

補償を選ぶ

保険会社から勧められるままの火災保険では、補償内容は十分すぎるほどたっぷりついている反面、毎月の保険料がかなり高くなってしまうことが多いものです。見積もりを取りよせると補償内容が分かりやすく記載されているので、一つ一つの補償を比較検討しながら、必要な補償のみに絞り込みましょう。補償を少なくすることによって保険料は確実に低くなりますし、どのぐらい低くなるのかも考えながら、バランスの取れた火災保険に仕上げていくと良いでしょう。

保険期間を伸ばす

火災保険の保険料を低くするコツとしては、保険期間を長くする方法があります。マイホームを購入した場合などには、最長10年間の火災保険を一括払いにすることでかなりお得な保険料で加入する人が多いですし、もしも確実にそこで暮らすことが分かっているのなら、1年契約を10回更新するよりも10年契約にしたほうが保険料はかなり低く抑えることができます。

保険料の払い方でコスト削減

火災保険はどんな風に保険料を支払うかによっても保険料を安くすることができます。見積もりを取り寄せると、小さな文字で「年間保険料を一括払いした時」などと記載されていたりするのですが、毎月保険料を納めるよりも保険期間を通して一括で払ったほうが確実に保険料を安く抑えることができます。複数年の保険期間だと一括払いがキツイという人も多いので、その場合には月払いではなく年払いを選択することでいくらか火災保険費用を低く抑えることにつながります。

家財も合わせて比較する

火災保険には、建物のみを補償する保険もあれば、建物と家財を合わせて補償してくれる保険もあります。もしも建物と家財で別々の保険に加入しているのなら、1つの火災保険でどちらも補償したほうが、支払う保険料を安く抑えることができます。同じ補償内容でも年間で1万円以上の差が出ることもあるので、保険を見直す際にはそうしたことも含めて多方向から比較検討しましょう。