火災保険の見積もり比較ポイント

特約をチェックしよう

複数の火災保険から見積もりを取り寄せると、たくさん書かれている補償内容がどれも同じような感じがして、どこをどんな風に比較すればよいのかわからないまま毎月の掛け金だけで決めてしまうという人はたくさんいます。火災や水害などの自然災害を補償してくれるという基本補償は多くの火災保険で似ているので比較しても違いが分からないことが多いのですが、どんな特約が付いているかという点は保険内容によって大きく変わりますから、同じ保険料なら出来るだけ特約が充実している所を選びましょう。

レンタル品や預かりもの

他人から預かっているものが家の中にあったり、レンタル品があったりして、それを破損してしまった場合には、火災保険によっては特約で補償されていることもあれば補償されていないこともあります。あいおいニッセイ同和損保はそうしたレンタル品の補償が特約としてついている数少ない火災保険として人気があります。

外出中の持ち物

自分が所有している家財だけれど、旅行中や外出中に壊したり紛失したりして損失が出てしまった場合には、家財の追加補償とか携行品損害特約という特約として火災保険が補償してくれる場合があります。旅行をすることが多い人や、大切な家財を持ち出すことが多い人などは、この特約がついている火災保険の方が大きな安心感になります。

賃貸物件オーナーの責任

賃貸物件を所有しているオーナーにとって、自分の建物が崩落したりして中にいる人や家財に重大な損失を出してしまった場合、保険によっては火災保険で損失を補償することができます。あいおいニッセイ同和損保や損害ジャパン日本興亜、東京海上日動などでは建物管理賠償責任保障特約とか賃貸建物所有者補償という特約が付いている保険商品があります。補償内容が保険ごとに異なりますから、見積もりを取り寄せた場合には、一つ一つの補償内容をじっくり比較検討した上でニーズを満たす保険を選びましょう。