火災保険は何を補償してくれる保険?

選べる補償範囲

火災保険というと、保険名に「火災」と入っているので火災による損失を補償してくれる保険ということは誰でも分かりますが、それ以外の原因で起こる損失がどこまで補償されるのかをはっきり理解していない人は意外と多いものです。一般的に補償されるのは火災や落雷、台風や大雨による風災や水災、雪災などの自然災害があり、保険内容によってどこまで補償されるかが異なるので見積もりを取り寄せたらそうした補償範囲はしっかりと比較しましょう。

盗難や事故などを補償する保険も

近年では、自然災害による建物や家財の損失に加えて、避難している間に空き巣が入ったりする盗難の被害も増えています。火災保険の中には、こうした盗難や爆発、破損などの事故や事件を補償してくれる保険も登場していて人気があります。こうした事故を補償してくれる火災保険は、知らない間や留守中に他人が家に侵入してきて家を破壊したりダメージを与えてしまったりというような事件を補償するとともに、家族が誤って自分の家の壁を破ってしまったり壊してしまったりした場合など不慮の事故についても補償することができる保険もありますから、見積もりを比較する際にはぜひ検討してみてください。こうした補償がついている火災保険の場合、建物の構造に影響のある壁を壊したようなダメージは補償対象になりますが、擦り傷が付いたとか壁紙が汚れたという程度で構造上に問題がない場合には補償の対象にはなりません。注意しましょう。

費用保険金も要チェック

火災保険の見積もりを比較する際には、費用保険金の有無も忘れずに比較しましょう。費用保険金というのは、万が一保険が必要になるような損害を受けたり出したりした場合には、建物や家屋の補償以外にもいろいろな費用が必要となり、それを補償してくれるのが費用保険金ということになります。仮住まいにかかる経費、近所に損害が出た場合の見舞金など、万が一の時にはいろいろ想定外の出費が多くなるので、大きな安心感を得るためにはそうした補償がついている方が安心です。